予防歯科

予防歯科とは

そもそも虫歯や歯周病にならなければ苦痛な思いもすることなく、治療をする必要もありません。
虫歯や歯周病を治すことも大切ですが、虫歯や歯周病にならない口腔内環境をつくっていくことができれば、そのほうが重要だと私たちは考えています。
いくつになっても自分の歯で食事を楽しみたいと思えば、虫歯や歯周病に対する予防が必要不可欠になってきます。
当院では予防処置としてブラッシング指導、フッ素コーティング、PMTCなどをおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

予防歯科のアプローチ

PMTC

歯の周囲には歯ブラシで落とせない汚れがあります。 虫歯や歯周病は、プラークが原因で引き起こされる疾患です。歯の表面に付着し成熟したプラークは『細菌バイオフィルム』(多種多様の細菌が複雑にからみ あってできたもの)を形成し強力に付着するため、なかなか取り除く事ができないのです。

そこで当院では、2~3ヶ月 に1回の割合でPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)をおこない、ご自身でケアできない所までケアをおこないます。また、フッ素ジェルで歯質強化も同時におこなって参りますので、虫歯、歯周病の予防・再発防止には十分注意しております。

PMTCとは

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。歯科医師、歯科衛生士がさまざまな器具と歯を強くするフッ素の入ったペーストを用いて歯と周辺のプラーク「細菌バイオフィルム」を除去する方法です。

効果その方のリスク(歯や歯肉の強弱、細菌の数、唾液の量、生活習慣)によって異なりますが、一般的に1~3ヶ月の割合でPMTCを行うことは、虫歯や歯周病の抑制にとても効果的です。

バイオフィルムについて

バイオフィルム図

悪玉菌たちは、他の細菌を自分達の作った多糖体(ネバネバ)に取り込みお互いが居心地よく住める「コロニー」(共同体)を作り出します。歯の表面には、唾 液由来のたんぱくからなる「ぺリクル」という膜が必ず存在します。そして「ぺリクル」に細菌のコロニーが結合し、「バイオフィルム」という集合体が完成します。

バイオフィルムはホームケアによる、歯磨きでは除去できません。定期的な歯科医院でのトゥースクリーニングが不可欠です。

Dr.伊藤から

Dr.伊藤

様々な口腔内のトラブルは、いきなり発症するわけではありません。

ご自身で気づいていない段階で対処していけば、大きなトラブルには発展していきません。

問題を見つけて治すのではなく、問題になりそうな箇所を前もってお話して、理解をしていただいて、ご自身で前向きに取り組んでいただければ、問題は起こりません。

ところが、お話をさせて頂いて意識が高まっても、時間の経過と共に徐々に意識は低下してしまいます。

そのため、3か月に一回のメインテナンスを行い、口腔内のチェック、クリーニング、意識の維持を致します。

問題が発症しないように、しっかりメインテナンスで予防していきましょう。

このページの先頭へ戻る