歯周病治療

歯周病について

歯周病図1

ほとんどの大人がかかっている歯周病。35歳~44歳の人ではおよそ81%、45歳~54歳では85%の人が、歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、 歯周病にかかっているといっても過言ではありません。
(厚生省歯科疾患実態調査1993年より)

歯周病は、歯を失う大きな原因のひとつです。歯を失う原因の第一位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因になっています。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっています。

歯周病は生活習慣病

PART【1】

歯周病は、今まで徐々に進行すると言われていました。最近では、急に悪くなる時期(勃発期)と静止期を繰り返しながら進行していくことがわかっています。そこで勃発的に感じる変化に十分注意し、早めに歯科医に相談し、治療を受けることが大切です。

CASE
健康な歯肉には、ステップリング(みかんの皮の表面の小さなくぼみのような状態)がみられます。

PART【2】

歯周病の直接の原因は、プラーク(バイオフィルム)がたまることからはじまります。プラーク(バイオフィルム)は、食べ物の中の糖分と誰の口の中にもある細菌によってでき、プラーク(バイオフィルム)の90%近くは細菌です。

CASE
歯のつけ根の表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。ブラッシングした時や、硬いものを食べると、出血することがあります。

PART【3】

また歯周病が進行してできる歯周ポケットの内側には、1mg(湿重量)あたり400種、1億個以上の細菌がいて体との間で、免疫応答といわれる戦いが繰り広げられます。抵抗力が弱まれば、全身に色々症状があらわれてきます。

CASE
プラークが歯石(しせき)になり、歯石は大きくなって、歯根膜が溶け歯肉溝のなかにも広がってきます。

PART【4】

歯周病を予防し、進行を防ぐには、まずプラーク(バイオフィルム)をためず、歯周病を進行させないことが大切です。また生活習慣を改めることも、大きなポイントになります。 また定期的なクリーニング(2~3ヶ月に1回ぐらい)も重要です。

CASE
症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根も見えてきます。 出血や口臭も強くなり常時ウミが出るようになります。その状態を一般に歯槽膿漏といいます。

歯周病治療

歯周病図2

歯周病(歯槽膿漏)は歯と歯肉の境目にある歯周ポケットにプラーク(歯垢)がたまる事により歯肉に炎症を起こし、歯の土台となる歯槽骨(歯ぐきの中の骨)を溶かしていってしまう病気で重症になると、歯の周りの全ての骨(歯槽骨)がなくなり、歯が抜けてしまうものです。

また、歯周病は自覚症状が無いないため、症状(痛い・歯が揺れる・臭う)が出た時には、かなり進行している可能性があります。

歯周病(歯槽膿漏)は日本人の 80% がかかるといわている病気です。しかし、みんながかかっている病気だからといって馬鹿にしてはいけません。そのまま放っておくと全ての歯を失う可能性もあります。

歯周病(歯槽膿漏)は早期発見をして早期治療をすることがポイントです。皆さんも掛かりつけ歯科医院で半年に 1 回の定期検診をすることを当院では、おすすめします。

Dr.伊藤から

Dr.伊藤

歯周病で多いのは症状が出てから気付かれるということです。

昔は歯が良かったと皆さんおっしゃいます。

歯が良いと思っていたのは虫歯がないというだけで、虫歯菌が少なく、実は歯の周囲の歯肉溝内に歯周病菌を持っていらっしゃり、歯周の炎症に気付いていないだけです。

10代、20代という若いうちに、そのリスクを判断し、対処をし、60代、70代のリスクに対して考えていけば、歯周病が発症し、さらに悪化し、歯の喪失ということは抑えられるはずです。

若いうちから定期的なメインテナンスを行い、様々なリスクのチェック、対処を行っていけば健康でいられます。

進行してしまわれた場合は、積極的に外科処置で健康を取り戻し、メインテナンスでしっかり維持していきましょう。

このページの先頭へ戻る